男性と女性

レジとして使うPOSシステムは勤怠管理もできる!

複数店舗に効果的

レジ

利便性の向上に寄与

POSシステムは主に販売小売業界のレジスターで使用されることが多くなっています。いつどこでどのような商品が販売されたのかをデータ化して本部に自動的に送信される仕組みです。小売店では在庫をどのように管理するのかが最も難しいこともありPOSシステムで集めたデータを分析し最適化を図ることが求められているのです。POSシステムを応用した製品もあります。勤怠管理システムもこの一つです。チェーン店ではそれぞれのスタッフが出勤、退勤します。本部に通うわけではありませんのでその勤怠管理も店舗で行います。しかし不正やミスなどを防止する観点と本部にて一括して勤怠管理を行うためにPOSを利用することもできるのです。レジスターとして使用している端末を利用することもできます。

給与計算の工数も削減

POS勤怠管理システムは店舗側で入力された勤怠データは速やかに本部にデータ転送されます。そして本部で勤怠管理や給与管理を行います。さらに従業員の形態に応じた雇用契約を行う事っも可能になっています。人事給与計算システムと連動させることで24時間体制や深夜勤務が発生する様な場合でも複雑な給与計算を自動で行う事ができるようになっています。ICカードなどと連動を図ることにより、出勤や退勤時にデータを入力するのではなくバーコードスキャンで対応することも可能になります。使用方法はいたって簡単あであり、POSシステムを開発している会社のオプションサービスとして幅広く利用されています。数多くの店舗を抱える場合の給与計算の工数からも解放されるのです。

日系企業の人気高まる

カード

香港にアジアのヘッドクォーターを設置し、アジア諸国で会社を作り上げることを頭に入れている日経企業の人気が高まっています。香港にいる日数が60日を下回るようにすれば、香港の税金を払う必要がないといったメリットがあります。そして、現地に会社を構えていても、ビザがいらない場合も中にはあります。

View Detail

幅広くサポート

施術

柔道整復師の事業を後援する接骨師会は全国に様々なものがあり、研修や講習を随時行ったりと様々な取り組みを実施しています。人脈作りにも役立ちますし、近くにあれば足を運んで見るのも良いでしょう。ホームページが公開されていることも多いです。

View Detail

海外進出を検討している方

握手

日本から海外、特にインドネシアへの企業進出が盛んになっている現在、現地の国勢や法律などに詳しいコンサルタントに支援を仰ぐことが重要になってきます。また、インドネシア進出支援を依頼する際は、言語や文化の違いで生じ得るトラブルを事前にある程度想定しておくことも必要になってきます。

View Detail