日系企業の人気高まる|レジとして使うPOSシステムは勤怠管理もできる!
男の人

レジとして使うPOSシステムは勤怠管理もできる!

日系企業の人気高まる

カード

香港についてですが、ニューヨーク・ロンドンについで世界3大金融センターとも呼ばれています。そして、世界においても重要な要素を含んでいる都市でもあります。香港のビジネス環境ですが、決まりごとがそれほど多くなく、所得税や法人税といった税率も大変低いことが魅力的です。香港にアジアのヘッドクォーターを設置し、中国やアジアそれぞれの国で会社を作り上げていくことを志す日経企業の人気が今高まっています。日本人であっても、比較的容易に会社を作り上げて事業を行っていくことが可能となります。1人以上の株主や役員を置くことで、容易に香港法人を作り上げることができ、他の国の人間が株主・役員になることには特に決まりはありません。よって、香港に住所変更していない日本人が香港法人を作り上げることは可能となります。

香港で会社を作り上げることについてですが、現地で働くためにはビザをとることが必要になります。例を出すと、ビザをとった後に仕事の内容が日本国内での活動でそれほど現地にいない場合があります。この場合に関しては、何か問題にならないか不安になることもあるかもしれません。永住権をこの先とることを頭に入れているのであれば、一年の間に何回かは香港に足を運ばなければなりませんが、一年の間に現地へいる日数が60日よりも下回るように抑えることで、香港の税金を払う義務はないというメリットがあります。ビザをとらずに現地で働くことは法律に引っかかりますが、香港に会社を構えていても役員になっているだけでは就労には値しません。これにより、必ずビザをとる必要がないといったケースも中にはあります。